借地権の買取り

借地権の買取り

Pocket

引越しや建物の管理ができなくなったなど、様々な理由で借地権を買い取ってもらいたいと考えている場合、まず何から取り掛かったらいいのかわからないといった人も多いのではないでしょうか。自分が最初から借地権を有している場合には、地主との付き合いもあるでしょうから、売却の相談などしやすいこともあるでしょうが、親族の死亡によって借地権を相続した場合、その時点で初めて土地を借りていたということを知ったという人も珍しくありません。

親族が亡くなり借地権を相続しても、そのまま継続して土地や建物を利用する際には、地主と改めて契約を結ぶ必要はありません。契約がそのまま引き継がれるため、地代を上げられたり契約内容が代わることもありません。ましてや突然立ち退きを迫られることもないので、地主に借地権者が代わったことを伝えておけば良いです。その際に、できれば建物相続登記をしておくと更に安心でしょう。借地権の相続の場合は譲渡や売却とは異なる為、地主に承諾料を支払う必要はありませんので、もし請求された場合でも支払いを拒否することが可能です。

しかし相続をしたものの、既に家を出てしまって住む人がいない場合には空き家になってしまい、建物が劣化していくだけでなく、火災や防犯面などの不安も出てきます。こうした場合には借地権を売却してしまうことができます。

当サイトでは相続した借地権の買取りを希望する場合、どのようなことに注意すべきか、またどうやって進めていくかについて紹介しています。


Comments are closed.