気をつけること

気をつけること

借地権を相続する時には気をつけておきたいことがあります。その1つに、借地権付建物は複数人での分割相続はしない方が後々のトラブルを避けることができるという点です。借地権付建物も他の遺産と同様に分割相続が可能ではありますが、誰がその家に住むのか、地代は誰が払うか、売却をする際にどうするのかなどの問題が時間の経過と共に出てきます。そのため、早い段階で土地に関しては他の遺産とのバランスを考え、1人が単独で相続するように決めてしまいましょう。また、相続税も発生するためそのことも念頭に置くようにしましょう。相続税は、借地権価格が基準になって算出されます。

借地権を相続する際には単独の名義で相続することを推奨しましたが、相続したタイミングで売却に踏み切る人も多くいます。まず借地権を買い取ってもらえる候補として地主が出ますが、地主は必ずしも買取りに応じなければいけないわけではありません。第三者に買い取ってもらうことも可能ですが、借地権の売却には地主の承諾が必要になるため、勝手に売ってしまうことはできません。もし地主が承諾してくれない場合には、「借地非訟」と言って、地主の変わりに裁判所が借地権を売却する許可を出す方法を採ることもできますが、その場合には買い手が確定していることが条件になります。

 

借地権の買取りなら

借地権の買取りをしてもらいたいけれども、地主との協議を行う時間や手間が取れないという人や、地主が売却の承諾を出してくれないと悩んでいる人は専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

地主が売却の承諾を出さない場合、借地非訟という裁判を起こすことが可能ですが、その際には買い手が決まっていることが必要になるため、実際にそこまで進むことができないというケースもあります。しかし、管理ができない土地と建物を抱えて地代を支払い続けていくのもまた大変なことです。

また、一般に借地権付物件はデリケートな部分が多いため、取り扱っている不動産屋もそう多くありません。そこで、借地権の買取りに強い底地取扱店に依頼してみることをお勧めします。インターネットで検索してみると、自分で行うには大変な借地権の買取りや地主との交渉の代行、借地非訟のサポートなど、土地の専門家が相談に乗ってくれたりバックアップをしてくれます。

底地取扱店を選ぶ際には、土地や法律に関する専門的な知識が必要なため実績のあるところを選ぶようにしましょう。また、無料相談や無料査定などを行っているところもあるので、弁護士などに相談するよりも気軽に相談できるところも底地取扱店を頼るメリットになります。